0869669027

お味噌汁と熱中症予防 ~健康と味噌の美味しい関係~

こんにちは。岡山のみそ屋、馬場商店です。
朝晩はまだ涼しいですが、だんだんと昼間は暑くなってきましたね。こんな寒暖の差が激しい季節が一番体を壊しやすいんです。感染症も落ち着いてきたと思ったら熱中症のニュースがチラホラ聞かれています。こういった時、頼れるのが実はお味噌汁なんです。普段塩分が気になってお味噌汁は控えている方や、日本人の食が洋食化してきてお味噌汁はちょっと・・・なんてみそ屋には悲しい話も聞きますが、お味噌の秘めたパワーを熱中症対策の一環として聞いて頂けたらと思います。

お味噌に塩が必要な訳

お味噌の材料は米、大豆、塩が一般的ですが、もちろんお味噌の塩分と材料の塩には大きな関係があります。お味噌の塩分濃度は熟成期間が長い物ほど高い傾向があります。これは、味噌の保存に塩が大きく関わっているからなんです。食品中の雑菌は栄養と温度と水分の条件が整うことで爆発的に増えます。そうすると食品は時間が経つごとにどんどん腐っていきます。その為、食品の保存には雑菌の繁殖条件が揃わないようにしていくことが大切なんです。
そこで考えられたのが漬物などにも利用されている「塩漬け」です。高い塩分濃度であればあるほど、食品の水分量(水分活性)が低く保たれ、雑菌の繁殖を抑制します。その為、八丁味噌などに代表される長熟のお味噌は材料の塩の量が多くなります。これは、味噌が本来、保存食品であるからなんです。今の様に交通の便も良くなく、冷蔵庫など食品の鮮度を保つことが難しかった時代、食品を長期保存する為に考えられた知恵なんです。

MEMO
水分活性とは食品中の微生物が利用できる水分の割合を示したもので「水分活性が1=食品の水分100%」ということになります。水分活性が0に近づく程、乾燥した食品ということになり、雑菌が繁殖しづらい食品と言えます。食品中の水分活性を低下させる目的で漬物やジャムといった塩漬けや砂糖漬けの食品が生み出され今も私たちの食卓を彩っているんです。
おみそ汁【私に合うみそが選べるチャート付】みその分類を分かりやすく解説

お味噌汁と熱中症予防の美味しい関係

さて、お味噌に塩は欠かせないことをお話ししましたが、熱中症予防にお味噌汁がどう関係するのか詳しくお話したいと思います。

熱中症とは

熱中症は、少し前まで、日射病などとも言われていましたが、日射病も熱中症の一種なんです。熱中症というのは、高温多湿な環境の変化に体がついていけず、様々な不調を起こす症状で、めまいや顔のほてり、頭痛、筋肉痛やけいれん、最後には意識障害を起こし命を落とすこともある大変危険なものです。じわじわと気づかないうちに症状が進行してしまうことも多く、急に倒れてそのまま命を落としてしまうケースも少なくありません。

お味噌汁で熱中症予防

実は侮れない、熱中症ですが、十分な水分補給や体調管理により予防することができます。熱中症を起こしやすい条件としては水分不足や体調不良があげられますね。体調不良というのは寝不足や二日酔い、病後の回復期などの状態で、こんな時は特に注意が必要です。(もちろん病気の時は要注意ですが・・・)
そして、予防としてよく言われているのがこまめな水分補給。しかしながらただ水分を摂れば良いということではありません。水分補給にコーヒーを飲んだりする方がおられますが、これは逆効果なんです。コーヒーの様にカフェインの多い飲み物は利尿効果が高い為、余計水分を体から排出しやすくしてしまうんです。また、水だけを飲んでいる方も注意が必要です。私たちは汗や尿により体外に水分を排出していますが、これは単に体の水分を外に出している訳ではありません。体外に水分を排出する為には、ナトリウムイオンというイオンもたくさん使っています。(イオンが含まれているので汗ってしょっぱいんです。)ですから体の水分が減ると同時に、ナトリウムイオンも減っていきます。このイオンというのが実は体内では非常に重要で、体の生命活動に大きく関わっています。特に身体の水分量や浸透圧の調節に関わるナトリウムイオンを補給しないと、水分を摂っていても熱中症になってしまいます。

MEMO
熱中症同様にこの時期よく起こる食中毒などが原因で引き起こされる下痢や嘔吐も怖いんです。熱中症はじわじわ脱水症状を引き起こしますが、下痢や嘔吐は急激に脱水症状を引き起こします。この症状も熱中症と同様に水分とイオンを体外に排出してしまいます。それにより一気に体内のイオンバランスが崩れて命を落とすことになるんです。熱中症の応急処置とも同じですが、自力で給水できる軽度な場合は家庭での水分補給でも対応できますが、自力で水分補給できない場合には受診が必要です。
さて失われたナトリウムイオンを補給するのに、お味噌汁が大活躍します。みなさん、理科の時間に塩の化学式を習ったと思いますが、覚えていますでしょうか・・・。塩の化学式は「NaCl」です。これを水に溶かすとナトリウムイオンと塩素イオンに分かれます。このイオン先ほど水分調節に必要だとお話ししたイオンですね。(ちなみに塩素イオンも重要なイオンですがここでは置いときます。)
つまり、材料に塩を使っているお味噌でできたお味噌汁には熱中症予防に必要なナトリウムイオンが豊富に含まれているんです。さらに、お味噌汁には、栄養満点の具材やたっぷりの水も入っています。お味噌汁を食事に1品つけるだけで、十分な水分補給と弱った体への栄養補給の2つができるというわけです。まさに熱中症予防とお味噌汁は美味しい関係ですね。スポーツ飲料が苦手な方や作業の内容によりこまめな水分補給が難しいという方は習慣にしてみるといいと思います。
MEMO
最近は塩飴やタブレットなどで失われたイオンを補給している方も多いですが、これには必ず水分の補給が必要で、タブレット1個につき100ml(コップ半分)程の水分を摂らなくてはいけません。また、お菓子の様に過剰摂取している方も見受けられますが、良い商品だけに摂り過ぎは塩分とカロリーの過剰摂取になり健康に悪影響を及ぼします。運動量などに合わせて適量をお召し上がりください。

やっぱりお味噌汁の塩分が気になる

熱中症予防にお味噌汁が効果的というお話をしましたが、病気などで塩分の摂取を控えるよう指導されていたり、気にしている人も多いですね。最近の食品には塩分が多いものも多いので、気をつけなければいけません。成人の塩分の適正摂取量は約6~8gぐらいと言われていますが様々な食品に塩分は多く含まれています。私たちの食卓はどんどん豊かになっていて、好きなものをたくさん食べられるようになりました。それ故に、塩分の摂取量も多めな方が増えています。お味噌も塩分の多い食品として有名ですが、お味噌1杯の塩分量は1.2g程です。ほかの食品からも塩分を摂ることを考えると多い数字かもしれませんが、お味噌汁の塩分が体内へ吸収される量は、カリウムや食物繊維の多い食品(いも類、緑黄色野菜、海藻、きのこなど)と摂ることで減らすことができます。ぜひ、具材にもこだわって見てください。また、塩分の少ない白みそにお味噌を変えるという方法もあります。(一般的に味噌の塩分は長熟のお味噌は15%を超え、平均的な色味噌は12%前後、白味噌は6%程です)とは言っても、やはり飲み過ぎは良くありません。朝食に1杯が理想です。(寝ている間に人はすごく汗をかきますので・・・)バランスの良い食生活を心掛けてほしいと思います。

MEMO
我々がよく口にする汁物の塩分量はコーンスープは1.5g、コンソメスープは2g、ミネストローネは2.6g、中華スープは2.1g、トムヤムクンは2.7g意外とどれも塩分は高めですね。ラーメンは汁まで飲むと5~6g程になり、基準値を守るためにはもう何も食べられなくなります。この数字はあくまで参考です。摂り過ぎが習慣化しない事が大事ですし、1回ぐらいでは健康に大きな影響はでません。食べ過ぎたら次の日の食事は軽めにしたり、スポーツするなら多めに摂るとかちょっとした工夫で毎日の食事を楽しんでもらいたいと思います。

洋食とお味噌汁

最近は、ライフスタイルの変化に伴い食生活も変化しています。その結果、お米を食べなくなったりお味噌汁を飲まなくなったりしている人も増えています。みそ屋としては悲しい限りです。
みなさん、お味噌汁って和食の時しか作ってはいけないと思い込んでませんか?洋食にお味噌汁なんて・・・と思うことなかれ!デミグラスソースのオムライスにコンソメスープにサラダ・・・美味しそうなランチですがよく考えてみてほしいんです。カロリー高くないですか?ちょっとこってり過ぎませんか?いやいやこれが良い!!という方もいらっしゃると思いますが、胃腸の弱い人だと、豪華すぎて最後まで食べれません。(実は私ですけどね・・・( ノД`)シクシク…)
お店のメニューは雰囲気も大切ですが、おうちごはんは時短と栄養バランスが大事!!よく、今日は洋食でと張り切ってみると、なんかこってりで味も似通ってたりします。こんな時、スープをお味噌汁にするとぐっとバランスが良くなりますし、味噌汁で口直しもできます。野菜足りないなぁ~と思えばお味噌汁の具を野菜たっぷりにもできます。なにせお味噌汁には難しい技術は不要です。具材を煮込んで味噌で味付けする。これだけで味が決まる超時短メニューなんです。最近ではお味噌汁の具材も食生活の変化に合わせて変わってきています。夏にこそおすすめ!手作りインスタント味噌汁が作れる「味噌丸」の作り方と洋風のお味噌汁を2品ほど紹介したいと思います。

【手作りインスタント味噌汁の素】味噌丸

材料(10杯分)

・お好みの味噌
約200g
(1個分がだいたい15~20g程)
・かつお節やいり粉などのお出汁の素
約30g
(1個分が約小さじ1ぐらい)
*かつお節は炒ったものを使った方が美味しいです。顆粒だしの素を使いたい時はお湯を注ぐ直前に入れた方が良いです。(保存しているうちに味がぼけてくるので)
・お好みの具材
お好みで(乾燥わかめ、ネギ、麩など)
・ラップ
・マスキングテープ

作り方

    1. ラップを広げ、その上に味噌や出汁の素、具材を置く。
    2. てるてる坊主を作るように丸めて、口をマスキングテープで止めて出来上がり。

食べたいときにお椀に入れてお湯を注ぐとお味噌汁になります。濃さはお湯の量で調整してください。タッパなどに入れて冷蔵庫での保存は1週間程、冷凍では1か月程が目安です。みなさんのご家庭でいつも使っている好きなお味噌で作ってみてください。具材に切干大根を入れると良い出汁が出て美味しいのでおすすめです。可愛らしいので、ランチのお供にも◎

【夏におすすめ】焼きナスとアボカドの味噌汁

材料(2杯分)

・焼きナス       1本分
・アボカド       1/2個
・お湯         2カップ程
*お好みで調整してください。
・割烹白みその味噌丸  2個

作り方

    1. 焼きナスを3等分くらいに切る。アボカドは大きめのひと口大に切る。ともにお椀に盛る。
    2. 具材を盛ったお椀に味噌丸を入れる。
    3. 上からお湯を注いで出来上がり。

焼きナスはもう調理済みですし、アボカドも生で食べれるので、お鍋いらずです。夏の昼間に火なんて使いたくない・・・という時おすすめです。今回の味噌丸はシンプルに割烹白みそといり粉、飾りでサクラエビを添えましたが、お好みの味噌、出汁でアレンジして楽しんでください。

【冬におすすめ】バター香る洋風豚汁

材料(2杯分)

・ジャガイモ      1/2個分
*サツマイモでも〇
・お好みのきのこ    1/4株ぐらい
*今回はエノキにしてみました。
・ベーコン       1枚
・出汁                   2カップ
・紅糀みそ       35~40g
・バター        10g
*一切れぐらい

作り方

    1. ジャガイモを食べやすい大きさに切り。きのこは石づきをとり食べやすい大きさに、ベーコンは1センチ幅ぐらいに切る。
    2. 熱した鍋にバターを敷き、1の具材を炒める。
    3. 2に出汁を加え具材に火を通す。
    4. 火を止めて味噌を溶かし、器によそって出来上がり。

バターと味噌の相性がばっちりで体が温まります。レシピの洋風豚汁はシンプルな材料のものをご紹介しましたが、ニンジンやダイコンなど好きな具材が入っても美味しいです。

お味噌の使い分け
お味噌には色々な種類がありますが、素材や見た目にこだわるなら、塩分控えめも嬉しい白みそがおすすめです。馬場商店の従業員は白みそを洋食の隠し味によく使っています。タルタルソース、コーンスープやシチュー、カレーやミートソースの隠し味など大活躍です。とっても深みのある味になりますよ。また、冬場なら濃厚な色みそがベストです。味のしっかりした色みそは炒め物などに重宝します。ホイコーローなんか最高です。季節や素材に合わせて楽しんでみてください。

最後に

最後にお味噌汁と熱中症予防の美味しい関係をまとめてみました。

  • お味噌の塩分は保存に欠かせない先人の知恵
  • お味噌汁1杯で熱中症予防ができる
  • お味噌汁の塩分が気になる方はいも類、緑黄色野菜、海藻、きのこ類などの具材にしよう
  • 新しい具材のお味噌汁で洋食とのバランスが取れる

いかがでしたでしょうか。難しい事もたくさん書いてしまいましたが、お味噌汁って気楽で体にも良い物なんだなぁと少しでも思ってもらえたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です